検索

太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2016 授賞式

最終更新: 2018年5月4日




【太陽生命クアオルト健康ウオーキングアワード2016】

岐阜県飛騨市、岡山県新見市、兵庫県多可町の3自治体が優秀賞を受賞されました。

本賞は、地域住民の「健康寿命延伸」に取り組む自治体を募集対象とし、

「クアオルト健康ウオーキング」を活用したまちづくりビジョンを表彰するものです。

初年度となる2016年は、岐阜県飛騨市、岡山県新見市、兵庫県多可町の3自治体が優秀賞を受賞されました。

授賞式は、2017年4月26日(水)15時より東京ステーションホテルにて開催されました。

式は、運営者代表として(株)日本クアオルト®研究所 伊藤 直人 会長、支援者として太陽生命保険株式会社 田中 勝英 社長のご挨拶を頂き、田中社長から、飛騨市 都竹市長、新見市 池田市長、多可町 戸田町長に目録を授与されました。

選考委員長の早稲田大学スポーツ科学学術院 坂本 静男 教授は、選考についての講評を述べられ、いずれの応募自治体も非常に熱心で、僅差であったことを語られました。

式後はパーティが行われ、公益財団法人 健康・体力づくり事業財団 下光 輝一 理事長、太陽生命保険株式会社 副島 直樹 副社長からご挨拶を頂き、 受賞自治体の首長からは、これからの展望など意欲的なコメントが披露されました。

閉宴のご挨拶として、(株)日本クアオルト®研究所 小関 信行 所長が登壇し、応募自治体の健康寿命延伸の取り組みへの意欲に、感動と敬意を表されました。 様々な交流が生まれた受賞パーティは、和やかなうちに幕を閉じました。

© 2018 by Japan Kurort Laboratory, Inc.